偽xviは何かあると適当にログをはきます
<< ホームシアターを組んでみた | main | 家庭内LANアップデート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ブルーレイDIGAを入れ替えました

最近、色々と買っているので、少しずつ書いていこうかなと思っています

弟がブルーレイDIGAが欲しいというのでBW850を売って、
代わりにBWT1000を買いました、3DブルーレイDIGAですよ、
3Dテレビを持っていないので意味はないんですけどね

そんなこんなでBW850で録画して焼いてなかった内容を、
一生懸命焼いて弟にレコーダを渡してBWT1000を設置いたしましたので、
感想なんか書いてみようかなと思います

本体の見た目は、ブロンズ色のアクセントがちょっとだけ高級感がありますが
右側に書いてある3Dって文字が、ぶっちゃけかっこ悪いです

ものすごく奥行きが短くて配線が楽でよいのですが、
上に物を置くのがあいかわらず難しいですがPS2を置いてみました

比較対象が、BW850になるのですが簡単にまとめるとこんな感じです。

・動画一覧のサムネイルが、静止画のみになってレスポンス向上です(正直動くサムネイルはうざかったです)
・ダブルAVCエンコーダ搭載でAVC予約が重なったときに、片方をDRにしなくても予約に失敗しないのは、ものすごい楽
・新ユニフィエのおかげでしょうか?番組表のレスポンスが向上したような気がします

DMR-BWT1000になって不満に思っていたところが一挙に解決したので
買い換えてとっても良かったなと思っています。

ブルーレイレコーダとしては、いったん完成を見たような気がするので
次はどんな手を打ってくるのか楽しみですね

| デジタル | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック